シールは使用用途などにより様々な仕上がり形態が選べます。
※用途に応じて、お客様のご都合のよいタイプをお選びください。
※機械の都合上、ご希望に添えない場合がございますので、その際は事前にご相談させていただくようになります。
※納品時の仕上がり形態で、シール本体の仕様が同じでも料金が変わります。
」の数が多い程、価格は高くなります。


シートカット仕上げ

  • シートに複数枚のシールを面付けした形態です。
    特にご指定がなければ通常この状態で納品いたします。
    1シートの面付け数の指定がある場合、あらかじめご指示下さい。

※ラッピングなどで、商品に手作業で貼る場合に便利です。


巻取り仕上げ ★★

  • ハーフカット仕上げのシールを、紙管にロール状に巻きつけた形態です。
  • シール貼り専用の機械を使用する場合にはロールの径が限られていますので、機械で使う場合は詳しい仕様をご連絡ください。

※ラッピングなどで、商品に手作業で貼る場合に便利です。


1枚カット仕上げ ★★

  • ハーフカット仕上げのシートを1枚のシールずつカットした形態です。
  • シールちょうどの大きさにはなりません。セパレーター(台紙部分)はシールよりも大きくなります。

※販促用として1枚づつ販売、配布したい場合に向いています。


全抜き仕上げ ★★★

  • シールをセパレーター(台紙部分)ごと仕上がりの大きさに切り抜いた形態です。
  • 剥がしやすいようにセパレーターにスリットを入れることも可能です。

※販促用として1枚づつ販売、配布したい場合に向いています。
※ステッカーなどそのものを商品として販売したい場合に最適です。