シールの糊は使用用途、使用環境、基材の種類などにより様々な種類に分かれています。また同じ素材のシールでも、糊の種類によって、価格が変わってきます。
目的に応じた選択が必要となりますので、ご発注の際に使用条件をご検討いただき、最適な糊のタイプをお選び下さい。
「こんな用途で使用したい」という事をお伝えいただければ、当社で最適な種類を選定させていただきますので、お気軽にお問合せください。

用紙によって、糊の種類が限られます。下記の用紙一覧をご覧ください。

紙素材

普通粘着 強粘着 弱粘着 冷食用
粘着
冷凍用
粘着
トイシ
用強粘着
再剥離
粘着
強粘
再剥離
訂正用
1 上質紙 × ×
2 ミラーコート紙
3 アート紙 × ×
4 マットコート紙 × × × × × × ×
5 ホイル紙 × × × × × × ×
6 和紙 × × × × × × × ×
7 親展シール × × × × × × × ×
8 蛍光紙 × × × × × × × ×
9 色ミラーコート紙 × × × × × × × ×
10 色上質紙 × × × × × × × ×
11 訂正用再剥離 × × × × × × × ×

フィルム素材

普通粘着 強粘着 弱粘着 冷食用
粘着
冷凍用
粘着
トイシ用
強粘着
再剥離
粘着
強粘
再剥離
訂正用
1 ユポ
2 テトロン × × × × × × × ×
3 エンビ × × × × ×
4 色エンビ × × × × × × ×
5 透明PET × × ×
6 アセテートサテン × × × × × × × ×
7 反射 × × × × × × × ×
8 改ざん防止 × × × × × × × ×
9 ホログラム × × × × × × × ×
10 和紙フィルム × × × × × × × ×

」の数が多い程、価格は高くなります。

普通粘着

標準タイプの糊で、多くの材質に適合することから大半のシールがこの糊を使用しています。
ただし、剥がした後の商品に糊やカスが残る場合があります。一般的に売っているシールは、大体このタイプです。

強粘着 ★★

一般強粘タイプの粘着力をさらに強くしたタイプの糊で、一度貼ると剥がれませんので、永久貼付を必要とする屋外商品の銘板などに用いられます。
紙袋の口止めに使ったり、曲面に対して貼るケースなど、シール自体にテンションがかかる場合は、このタイプを使用すれば、シールが浮いてくることを防ぐことができます。

弱粘着 ★★★

粘着力が弱く一度貼ってもきれいに剥がすことができるタイプの糊です。
商品へのカス残りが許されない場合などに用いられますが、自然に剥がれる「半めくり現象」が起こる場合があります。一度剥がすと、二度目に貼ることは出来ません。

冷食用粘着 ★★★

冷蔵食品用に開発された糊です。シールの糊は、水分がつくと粘着力が低下し、剥がれてくることもありますが、このタイプならば大丈夫です。
頻繁に冷蔵庫に出し入れする飲料水ラベルや食品ラベルに最適です。

冷凍用粘着 ★★★★

冷凍庫で保存する冷凍食品などではこのタイプの糊を使用します。

トイシ用粘着 ★★★★★

最も糊の強いタイプの糊です。ファンシーペーパーや壁面など、貼り付け面に凹凸がある場合、普通糊ではうまく貼れません。そういった場合はこのタイプをご使用下さい。ただし、かなり粘着力が強いため、貼りなおしができないのでご注意下さい。

再剥離粘着 ★★★★★

糊残りがなく剥がしやすいように糊の強さを調整したタイプの糊です。
宅配便の送り状などに使われます。粘着力は強くないので、基本的には短期間で剥がす、貼りかえる用途にお使いください。

強粘再剥離粘着 ★★★★★

簡単に剥がれては困るラベルなどに使用する強い糊で、貼ったり、剥がしたり、繰り返しの利用が可能です。最終的に剥がすことを目的とした、バスやタクシー、電車などのステッカーに使用することが多いです。

訂正用粘着 ★★★

糊がグレー色になっていてうら面が透けないようにしてある粘着シールです。
印刷の間違いに対して、訂正シールとして使用します。若干シール自体もグレーがかって見えますのでご注意下さい。